ウェディングコーディネーターになる!仕事内容へ

ウェディングコーディネーター・プランナーの仕事の実態

ドレスのコーディネートだけが仕事ではないんです。意外と事務仕事が多いんですよ。

 

働くお店や場所にもよりますが、結婚を控えた新郎新婦の衣装のコーディネートや、時には親族の衣装まで相談にのります。
ウェディングドレスはもちろんですが、お色直しに着用するカラードレスや和装、アクセサリー等の紹介をして新郎新婦の希望をききながら採寸や試着をしつつ、相談にのり、衣装のトータルなレンタルや販売を行います。

 

衣装の管理も大切な仕事の1つです。
何百、何千とある衣装の名前や特徴、置いてある場所を全て暗記することからはじまり、レンタル衣装であればほつれや汚れを厳しくチェックしていきます。
軽いほつれ等は自分たちで直すこともあります。
衣装1着1着に名前がつけられているブランドもあるので、もちろん暗記です。
衣装は全てPCで数量や置き場所、現在の使用状況を管理しています。

 

ドレスコーディネーターがいるのは主にホテルのブライダル衣装室や店舗ですので、ウェディングプランナーとの連携があります。
プランナーが自身のいるドレスショップを紹介してくれないと新郎新婦には基本的に来店してもらえないので、プランナーさんもお客様と思い、きちんとした対応が求められます。

 

働くお店によっては結婚式当日のドレスや着物の着付けを担当することもあります。

 

その他にも店舗の掃除や顧客管理、受付、伝票作成、営業活動、電話応対等が求められます。
中にはドレスのデザインに関わることができたり、雑誌やTVに使用するドレスを紹介したりすることもあります。
もちろん、売上をあげることが大切な仕事の1つです。

 

 

なかなか苦しいお給料…「仕事はお金じゃない!」と思えるか?

 

ドレスコーディネーター(ドレスコーディネーターに限らず、ブライダル業界全般ですが)の給料は本当に絶望的に低いです。
基本給18万円+報酬(〜5万円)+住宅手当や交通費が一般的です。

 

ベテランや店長になってもドレスコーディネーターではあまり給料の良さは望めません。

 

私が働いていた表参道のお店ですら、経験者採用で個人の売上成績が良かったにもかかわらず基本給20万円+報酬(〜3万円)+住宅手当+交通費といったもので、この中から社員旅行の積み立てを行うこともあります。

 

また、残業が当たり前!の業界なので残業代は出ないと思っていたほうがいいです。
定時に帰るドレスコーディネーターを私は見たことがありません。
自分の仕事が終われば帰れるというものでもなく、みんな毎日遅くまで残業をしているので定時に帰りづらい雰囲気もあります。
時給換算などすると500円に満たないことだって普通にあります。
正直、コンビニエンスストアのアルバイトさんの方が時給は良いと思います。

 

コーディネーターは毎日レンタルでも1着約30万円程のドレスの契約を何枚もとっているのに….残業も毎日遅くまでしているのに…給料がまったく上がらない!!と、考えてしまう人が多いのも事実で、それが原因で辞めていく人も多いです。あまりに忙しい上にお金がないため、メールレディというサクラ?みたいなバイトをしている子までいたのには驚きましたね…

 

それでもドレスや着物が好きで新婦様の一生に一度の結婚式に関われる仕事に生き甲斐を感じられる人が続けていける仕事かと思います。
都心で1人暮らしをしながらだと給料が安い為、お昼はコンビニおにぎり1個なんて社員さんもちらほらいます。

 

いきなりじゃなくて、結婚式会場のアルバイトとかから現場を肌で体感してからのほうがいいかもしれませんね。

 

アルバイトの神様~バイト体験談

 

で結婚式会場関係のバイト体験談がいくつか掲載されているので参考になるでしょう。

 

 

できるドレスコーディネーターに必要なこと!?実はいろいろな勉強が必要なんですよ。

 

  • ブライダルについての知識
  • ファッションについての知識
  • 布地やカラーコーディネートについての知識
  • ドレス・着物の着付け
  • 縫製
  • 接客・マナー
  • ヘアメイクの知識
  • 簡単なPCスキル

 

などなど…
あげればキリがないほどたくさんのスキルが必要とされます。
新婦様にとっては一生に一度の結婚式。
小さいころから夢みてきたウェディングドレスへの思いは、本当に皆様強いものがあります。

 

ドレス1着をとっても布地の染め、レースの作り、デザイナーの思い、色味やサイズ、多くのことを質問されますし説明しなくてはいけません。

 

また、伝票作成やドレスの管理等でPCを使用することも多く、入力が遅い等のPC操作が苦手な方は仕事が思うように進まず、大変な思いをします。

 

とはいえ、ほとんどのことは入社してから学ぶことが可能ですし、入社してから学び、慣れていく人がほとんどです。

 

ただ、結婚式のことを何も知らないとなると新婦様にまったく信用されないですし、入社して多くのことを学んでいく中で「?」な場面が多くなってしまいますので最低限ブライダルについては勉強しておくことをおすすめします。
PCスキルもあると周りからとても頼りにされますし、仕事の「はやさ」に差がつきます!残業を減らす為にも!?ブラインドタッチができるにこしたことはありません。

 

女性ばかりの職場…そして、まだまだ結婚・出産しながら続けるのが厳しい現実!

 

店内はシャンデリアやスワロフスキーを使用して、女性が好みそうな空間です。
掃除はいきとどいていて、朝のミーティング時にはスタッフ全員で床や鏡を念入りに磨いていきます。
接客の合間にも掃除をしているので、店内は髪の毛1本落ちていないほどピカピカです。

 

スタッフの年齢層は22才から40才くらいまでがほとんどをしめ、20代後半が大半をしめます。
勤務時間が長いことや重労働が多い為、結婚・妊娠・出産を機に退職する人がほとんどなので30代は少なめ、現場の責任者や上司は20代後半が多いです。
入れ替えも激しく、結婚で上の先輩がどんどん辞めていくこともあって、3年も勤めれば学歴等は関係なく、現場でそれなりのポジションにつくことが可能です。(もちろん仕事次第ですが…)

 

求人票などには、産休をとって復帰できるようなことを記入しているところが多いですが、薄給で子供を保育園に預けて遅くまで体力仕事のこの業界で働く人はいないのが現状です。
子供の手が離れてきた頃、業界に復帰する人も中にはいますがその時は着物の着付けなどの技術が必須となっていることが多いです。

 

テキパキと仕事をこなす人、柔らかい物腰の人、いろいろな個性の人がいますが女性の職場なので時には嫌な思いをしてしまうこともあります。
ただ、基本的には大人の職場であり、みんな自分の仕事に忙しく売上を上げるためにもチームワークが必要となってくるので、いつまでも問題を引きずるような事がないように思います
また、明るく笑顔でいることを求められるので、それができる人は大丈夫です。

 

女子的!体育会系の重労働職とはこの仕事です。

 

華やかに見えるブライダルの世界ですが、ドレスコーディネーターとなると毎日たくさんのドレスを両手に持って店内を歩きまわらなくてはなりません。
ドレスは1着3~5kg、着物の打掛になると全てあわせて10kgになることもあります!!
これを両手で何着も持ち、床につかないように運ぶのは本当に骨が折れます。最初は筋肉痛、どんどん腕が太くなって筋肉ムキムキになるスタッフも多いです。
もちろん腰痛や背中痛、1日立ちっぱなし、動きっぱなし、それでこの重さのドレスを扱うのですから体力勝負です。

 

また、1日中打ち合わせが途切れないことも…そうなると打ち合わせした分だけ増えていく書類や手続き!
どんどん帰宅が深夜になっていきますが、このデスクワークもパソコンの取り合いだったり(1人1台用意してくれるお店なんてそうそうありません)、仕事力向上の為やスペースの問題、打ち合わせ中のPCワークも多いので立ったまま操作する用になっています。

 

気品たっぷりに結婚式のドレスを紹介する裏側ではコーディネーターさんが体力勝負でバタバタと走っていますよ。
こんな体力勝負のお仕事ですが社員の9割は女性です。
女性が多いので想像されること、もめ事や困りごとは日常茶飯事です。

 

でも、1番困ることはやはり新婦様からのクレームです!
一生に一度を仕事としているので失敗が許されません。
ドレスを間違えたりするのはもってのほかですが、接客中の言葉使いやコミュニケーションがうまくいかないとそれも大変なクレームとなって返ってきます。
新婦様はナーバスになっている方も多いので、こちらも打ち合わせ中に神経をはりまくって対応させていただきます。

 

最後にコーディネーターは衣装をレンタルもしくは購入してもらうのが仕事なので数字にシビアです。
毎月目標となる売上額を店と個人でそれぞれ設定され、営業成績として達成数字を毎日張り出されたり、発表されたりします。

 

わりと体育会系のお仕事なので新人さんの中にはイメージとのギャップが大きく、ショックを受けたり、体力的に合わなくて体をこわしてしまったりで辞めて行く人も多い職場です。

更新履歴